• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「コメントスパム対策」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(言語間リンクを追加、サイト内リンク調整 デフォルトのコメントスパムツール: 未翻訳(プラグインではなくディスカッション設定のこと))
(デフォルトのコメントスパムツール 翻訳)
56行目: 56行目:
 
<!-- 翻訳される方へ: 原文の記述が古いので、確認しながら翻訳してください。管理パネルのリンクのみ 2.7 対応に修正済みです。 by bono -->
 
<!-- 翻訳される方へ: 原文の記述が古いので、確認しながら翻訳してください。管理パネルのリンクのみ 2.7 対応に修正済みです。 by bono -->
  
===Number of Links in Posts===
+
===コメントに含まれるリンク数===
  
To change the number of links in comment posts, which may help stop comment spammers who include dozens of links in their comment posts, you can change the setting for the number of links permitted in a comment.
+
コメントスパムには多くのハイパーリンクが含まれていることがあるので、コメント投稿に含めることのできるリンク数を変更することで防げるかもしれません。以下の手順でコメントに含まれるリンク数を変更することができます。
  
* Go to the [[管理パネル#Settings - Configuration Settings|設定]] > [[Settings Discussion SubPanel|ディスカッション設定]] panel.
+
* [[管理パネル#Settings - Configuration Settings|設定]] > [[Settings Discussion SubPanel|ディスカッション設定]] パネルへ移動する。
* Scroll down to [[Settings Discussion SubPanel#Comment Moderation|Comment Moderation]].
+
* [[Settings Discussion SubPanel#Comment Moderation|Comment Moderation]] までスクロールする。
* In the section which covers the number of links in a post, it is set to 2 by default. You could lower to one.
+
* コメント投稿のリンク数は、デフォルトでは 2 に設定されています。1 にすることができます。
  
'''NOTE:''' Do not set this to zero or leave the field blank. It will send every comment to moderation -- not the desired effect.
+
注意: 0 あるいは空白にはしないでください。全てのコメントを承認待ちにするという、望ましくない結果になります。l
  
=== Spam Words ===
+
=== スパムワード ===
  
If you encounter a word or phrase that is not in the Spam Words list, you can add it. You can also add the spam words found on the [[スパムワード|Spam Words]] list to the list that comes with your WordPress installation.
+
スパムワードリストに掲載されていない単語、語句を見つけたら、追加することができます。WordPress インストール時に付属している[[スパムワード|Spam Words]] リストに追加することができます。
  
* Go to the [[管理パネル#Settings - Configuration Settings|設定]] > [[Settings Discussion SubPanel|ディスカッション設定]] panel.
+
* [[管理パネル#Settings - Configuration Settings|設定]] > [[Settings Discussion SubPanel|ディスカッション設定]] パネルへ移動する。
* In the [[Settings Discussion SubPanel#Comment Moderation|スパムワード]] textarea box, you can add additional [[スパムワード]].
+
* [[Settings Discussion SubPanel#Comment Moderation|スパムワード]] テキストエリアで、[[スパムワード]] を追加します。
* Added words are to be on a single line with a single line break after them with no spaces in between the words. If you include a blank line, every single comment will be moderated.
+
* 複数の単語を追加するときは、それらを空白で区切るのではなく、一行に一つずつ追加してください。もし空行を含めると、全てのコメントが承認待ちになります。
* When a comment contains any of these words in its content, name, URI, e-mail, or IP, WordPress will hold it in the moderation queue.
+
* コメントの内容、名前、URL、メールアドレス、IP にこれらの単語のいずれかでも含んでいる場合、そのコメントは承認待ちになります。
  
=== Comment Blacklist ===
+
=== コメントブラックリスト ===
  
Included on your [[管理パネル#Settings - Configuration Settings|設定]] > [[Settings Discussion SubPanel|ディスカッション設定]] panel is a section called the [[Settings Discussion SubPanel#Comment Blacklist|'''Comment Blacklist''']].  This is a list of words completely blacklisted from your blog.
+
[[管理パネル#Settings - Configuration Settings|設定]] > [[Settings Discussion SubPanel|ディスカッション設定]] パネルには、[[Settings Discussion SubPanel#Comment Blacklist|コメントブラックリスト]] セクションがあります。 この単語リストはブラックリストになります。
  
Be very careful what you add here. If a comment matches something here it will be completely nuked and there will be no notification. These "nuked" comments will not appear on your blog, but they will remain in your database marked as <tt>[spam]</tt>.  Comments that are marked as <tt>[spam]</tt> are held in your database to educate "intelligent" anti-spam plugins, such as [[プラグイン/Akismet|Akismet]].
+
ここに追加するときは慎重に行ってください。マッチしたコメントは、破棄され、通知もされません。破棄されたコメントはブログ上に表示されませんが、データベースには <tt>[spam]</tt> として保存されます。[[プラグイン/Akismet|Akismet]] のようなスパム対策プラグインが学習するのに用いられます。
  
'''Choose your blacklist words wisely!'''   
+
'''ブラックリスト単語は賢く選びましょう。'''   
  
Remember that partial words can match, so if there is any chance something here might match it would be better to put it in the moderation box.  Blacklisting a word such as <tt>tramadol</tt> will automatically delete any comments containing <tt>tramadol</tt>, <tt>tramadols</tt>, <tt>bigtramadol</tt>, etc.  But, blacklisting a word such as <tt>ass</tt> will automatically delete comments containing <tt>ass</tt>, <tt>asses</tt>, <tt>assistance</tt>, <tt>passionate</tt>, <tt>assumption</tt>, etc.
+
ブラックリストは、単語の一部にもマッチします。マッチする可能性があるものは、スパムワードリストに記入するほうが良いでしょう。例えば <tt>tramadol</tt> という単語をブラックリストにすると、<tt>tramadol</tt>, <tt>tramadols</tt>, <tt>bigtramadol</tt> 等を含むコメントが自動的に削除されます。しかし、<tt>ass</tt> という単語をブラックリストにすると、<tt>ass</tt>, <tt>asses</tt>, <tt>assistance</tt>, <tt>passionate</tt>, <tt>assumption</tt> 等を含むコメントが自動的に削除されます。
  
=== Moderate All Comments ===
+
=== 全てのコメントを承認待ちにする ===
  
Depending upon the amount of comments and control you want over comments on your WordPress site, you may want to moderate all comments on your site.
+
あなたのサイトのコメントの量次第では、またコメントをきちんと管理したい場合など、全てのコメントを承認待ちにしたいこともあるでしょう。
  
In the [[管理パネル#Settings - Configuration Settings|設定]] > [[Settings Discussion SubPanel|ディスカッション設定]] panel, check the box next to '''An administrator must approve the comment (regardless of any matches below)'''.
+
[[管理パネル#Settings - Configuration Settings|設定]] > [[Settings Discussion SubPanel|ディスカッション設定]] パネルで、「(以下のマッチ条件に関わらず)管理者の承認を常に必要とする 」の横のチェックボックスにチェックを入れます。
  
=== Pre-approve Comments from Old Commenters ===
+
=== すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可 ===
  
You can also set your [[管理パネル#Settings - Configuration Settings|設定]] > [[Settings Discussion SubPanel|ディスカッション設定]] panel options to allow previously approved comments to avoid moderation. Check '''Comment author must have a previously approved comment'''.
+
[[管理パネル#Settings - Configuration Settings|設定]] > [[Settings Discussion SubPanel|ディスカッション設定]] パネルで、すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを承認することができます。「すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする」の横のチェックボックスにチェックを入れてください。
  
=== Restrict Comments to Registered Users ===
+
=== Restrict Comments to Registered Usersユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする  ===
  
If you allow only [[User Levels|registered users]] to comment, you can restrict comments to only registered users.
+
[[User Levels|登録したユーザー]] のみがコメントできるようにすることができます。
  
 
# [[管理パネル#Settings - Configuration Settings|設定]] > [[Settings Discussion SubPanel|ディスカッション設定]]画面を開きます。
 
# [[管理パネル#Settings - Configuration Settings|設定]] > [[Settings Discussion SubPanel|ディスカッション設定]]画面を開きます。
# [[Settings Discussion SubPanel#Other comment settings|Other comment settings]] の '''Users must be registered and logged in to comment''' にチェックを入れます。
+
# [[Settings Discussion SubPanel#Other comment settings|その他のコメント設定]] の「ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする」にチェックを入れます。
  
=== Inform Users When Comments are Moderated ===
+
=== コメントが承認待ちであることをユーザーに通知する ===
  
When people submit comments, they expect them to appear on your blog immediately. Implementing comment moderation and not telling people will almost certainly result in some people repeatedly submitting the same comment as they think it has disappeared. To prevent this from happening, and to avoid disgruntled and confused readers, inform people that their comment is under review by doing the following:
+
コメントを付けるとき、ユーザーはブログにすぐ反映されることを予想します。コメントの承認を実装し、そのことをユーザーに通知しないと、おそらく何人かは、コメントが消失したと思って同じコメントを再送信することでしょう。これを防ぐため、そして読者を混乱させないために、以下のような手順で、コメントが承認待ちであることを通知します。
  
If you use popup comments, edit <tt>comments-popup.php</tt> and if you do not, edit <tt>comments.php</tt>.
+
ポップアップコメントを使用している場合は、<tt>comments-popup.php</tt> を編集します。そうでない場合は、<tt>comments.php</tt> を編集します。
  
Look for the following code:
+
以下のコードを探します。
  
 
<pre>
 
<pre>
116行目: 116行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
Change that to the following, adding your own customization:
+
ここを以下のように編集します。
  
 
<pre>
 
<pre>

2009年2月15日 (日) 12:02時点における版

このページ「コメントスパム対策」はコメントスパム対策 FAQデフォルトのコメントスパムツールセクションが未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています。(後者はディスカッション設定画面の説明とのマージを検討してもよいかもしれません)

ページ名検討中: このページ名「コメントスパム対策」について改名が提案されています。ご意見をお寄せください。

コメントスパムは、ブログにはつきものです。WordPress には、コメントスパムを防ぐツールが同梱されている他、さまざまなスパム防止プラグインがあり、必要に応じて導入することができます。

コメントスパムから守る万能の方法はありません。スパマーはいろいろな手段を用います。いくつかの対策を講じるようにしてください。スパマーは攻撃方法を変えてくるため、防御方法も更新する必要があります。

免責事項: ここで紹介するプラグインやコードは、プラグイン作者以外によって保証されているものではありません。動作した結果について、WordPress は一切責任を負いません。

紹介基準: ここで紹介するコードは、WordPress Support Forum あるいは Hackers メーリングリスト/en のいずれかに投稿され、第三者による「問題なく動作する」追認を経たものです。

上記基準を満たさないコードあるいはリンクはすべて削除されます。

Akismet コメントスパムフィルター

WordPress の現行バージョンには Akismet プラグインが同梱されています。Akismet は、多数の協力により、どれがコメントスパムであってどれがコメントスパムでないかを学習させたデータベースを持ち、独自のアルゴリズムを用います。

WordPress ブログで Akismet を有効にするには、プラグイン パネルからプラグインの有効化を行います。コメント パネルにメニューが追加され、「捕らえた」スパムのリストを表示します。

コメントスパムが Akismet の網をくぐり抜けた場合、コメントパネルでスパムとしてマークします。削除しないでください。"コメントスパム" としてマークすることで、Akismet に情報が送信され、データベースに追加されます。

Akismet パネル の捕らえたコメントスパムをときどきチェックして、フォールスネガティブ(Akismet がスパムとしてマークした正規のコメント)ください。スパムではない にマークしてページ最下部の スパムを解除 をくりっくして、これらのコメントをスパムリストから取り除いてください。

自分のコメントが Akismet に捕らえられた

Akismet は、コメントスパムをスパムとマークし、正規のスパムをスパムでないとマークした人たちから学習します。もしあなたのコメントが Akismet に捕らえらたら、Akismet パネルから取り除いてください。2、3回行うと、自動的に学習してスパムでないと判断します。

ブログに対するコメントが Akismet に捕らえられることがあるかもしれません。Akismet パネルを定期的にチェックしないと、コメントが表示されないというメールを受け取ることになるかもしれません。

データベースの更新とソフトウェアの変更が行われても、この作業は続ける必要があるかもしれません。

Akismet があなたのコメントや多くの読者のコメントを捕らえることが続く場合は、Akismet までお問い合わせください。

コメントスパム対策 FAQ

デフォルトのコメントスパムツール

WordPress には、Akismet WordPress プラグインだけでなく、以下のコメントスパムツールが備わっています。これらの設定は 管理パネル > 設定 > ディスカッション設定画面にて行なえます。

コメントに含まれるリンク数

コメントスパムには多くのハイパーリンクが含まれていることがあるので、コメント投稿に含めることのできるリンク数を変更することで防げるかもしれません。以下の手順でコメントに含まれるリンク数を変更することができます。

注意: 0 あるいは空白にはしないでください。全てのコメントを承認待ちにするという、望ましくない結果になります。l

スパムワード

スパムワードリストに掲載されていない単語、語句を見つけたら、追加することができます。WordPress インストール時に付属しているSpam Words リストに追加することができます。

  • 設定 > ディスカッション設定 パネルへ移動する。
  • スパムワード テキストエリアで、スパムワード を追加します。
  • 複数の単語を追加するときは、それらを空白で区切るのではなく、一行に一つずつ追加してください。もし空行を含めると、全てのコメントが承認待ちになります。
  • コメントの内容、名前、URL、メールアドレス、IP にこれらの単語のいずれかでも含んでいる場合、そのコメントは承認待ちになります。

コメントブラックリスト

設定 > ディスカッション設定 パネルには、コメントブラックリスト セクションがあります。 この単語リストはブラックリストになります。

ここに追加するときは慎重に行ってください。マッチしたコメントは、破棄され、通知もされません。破棄されたコメントはブログ上に表示されませんが、データベースには [spam] として保存されます。Akismet のようなスパム対策プラグインが学習するのに用いられます。

ブラックリスト単語は賢く選びましょう。

ブラックリストは、単語の一部にもマッチします。マッチする可能性があるものは、スパムワードリストに記入するほうが良いでしょう。例えば tramadol という単語をブラックリストにすると、tramadol, tramadols, bigtramadol 等を含むコメントが自動的に削除されます。しかし、ass という単語をブラックリストにすると、ass, asses, assistance, passionate, assumption 等を含むコメントが自動的に削除されます。

全てのコメントを承認待ちにする

あなたのサイトのコメントの量次第では、またコメントをきちんと管理したい場合など、全てのコメントを承認待ちにしたいこともあるでしょう。

設定 > ディスカッション設定 パネルで、「(以下のマッチ条件に関わらず)管理者の承認を常に必要とする 」の横のチェックボックスにチェックを入れます。

すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可

設定 > ディスカッション設定 パネルで、すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを承認することができます。「すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする」の横のチェックボックスにチェックを入れてください。

Restrict Comments to Registered Usersユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

登録したユーザー のみがコメントできるようにすることができます。

  1. 設定 > ディスカッション設定画面を開きます。
  2. その他のコメント設定 の「ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする」にチェックを入れます。

コメントが承認待ちであることをユーザーに通知する

コメントを付けるとき、ユーザーはブログにすぐ反映されることを予想します。コメントの承認を実装し、そのことをユーザーに通知しないと、おそらく何人かは、コメントが消失したと思って同じコメントを再送信することでしょう。これを防ぐため、そして読者を混乱させないために、以下のような手順で、コメントが承認待ちであることを通知します。

ポップアップコメントを使用している場合は、comments-popup.php を編集します。そうでない場合は、comments.php を編集します。

以下のコードを探します。

<p>
<input name="submit" type="submit" tabindex="5" value="<?php _e("Say it!"); ?>" />
</p>

ここを以下のように編集します。

<p>
<blockquote>
Comment moderation is in use. Please do not submit your comment twice -- it will appear shortly.
</blockquote>
<input name="submit" type="submit" tabindex="5" value="<?php _e("Say it!"); ?>" />
</p>

スパムプラグイン

WordPress 内蔵のコメントスパム防御ツールに追加できるプラグインが数多くあります。プラグインは、公式 WordPress プラグインディレクトリWordPress Plugin Database で探すことができます。

コメントスパムハック

以下は、一般ユーザーにはおすすめしません。WordPress コアファイルを編集します。 必ずバックアップを取ってください。

wp-comments-post.php の削除
コメントスパムに対する究極の解決策です。コメントを無効にし、コメントスパムの洪水を止めることができます。あなたのサイトにコメントを付けることが一切できなくなります。
wp-trackback.php の削除
トラックバックスパムに対する究極の解決策です。トラックバックを無効にし、トラックバックスパムの洪水を止めることができます。あなたの投稿記事にトラックバックすることが一切できなくなるので注意してください。
.htaccess でアクセス拒否
Apache サーバーを使用している場合、.htaccess ファイルを編集することができます。詳細はインターネットおよび Apache を参照してください。
nofollow の使用
nofollow/en 属性により、スパマーのページランクを向上させないことができます。グーグルによれば、「ハイパーリンクに属性 (rel="nofollow") を見つけた場合、これらのリンクは検索結果のランク付けに影響しません。」WordPress v1.5 では、コメントのすべてのリンクに nofollow 属性が自動的に付加されます。

参考

外部リソース

最新英語版: WordPress Codex » Combating Comment Spam最新版との差分