• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

WordPress Query Vars

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

クエリ変数(Query Vars)

ユーザー・開発者が特定の種類のコンテンツを要求したり、テーマやプラグインのデザイン・機能を補助するために使えるよう、WordPress には数々のクエリ変数が用意されています。

パブリッククエリ変数は直接 URL クエリとして使える以下の様なものです。

example.net/?var1=value1&var2=value2

プライベートクエリ変数は URL には使えませんが、WordPress はプライベートクエリ変数を使ったクエリストリングを受け取ることができます。値はクエリに渡されないため、直接クエリ内に含める必要があります。例は以下のとおりです。

query_posts('privatevar=myvalue');
注: クエリ変数は URL のクエリ引数(例: add_query_arg( 'foo' ) など)と必ずしも一致しません。クエリ変数は WP_Query の挙動に実際に影響するパラメーターにのみ登録されるべきで、URL に渡す値のすべてには必要ありません。詳しくは #16373 をご覧ください。

クエリの例

カスタム投稿タイプ・タクソノミーもパブリッククエリにすることができます。

クエリ投稿タイプ

example.net/?post_type=value1

この例で value1 は要求したい投稿タイプのスラッグです。特定の post_type に一致するすべての投稿を返します。

クエリカスタムタクソノミー

example.net/?tax1=term1

この例で tax1 はタクソノミースラッグ、term1 はそのタクソノミー内で調べたい項目です。post_type にかかわらず、そのタクソノミー項目に一致するすべての投稿を返します。

複数の値を組み合わせたクエリはより複雑で、粒度の細かいものになります。例えば、ある投稿タイプとタクソノミー項目に一致する投稿のみを探したい場合は両方を指定することができます。

クエリ変数

Public 
  • attachment
  • attachment_id
  • author
  • author_name
  • cat
  • category_name
  • comments_popup
  • day
  • error
  • feed
  • hour
  • m
  • minute
  • monthnum
  • name
  • p
  • page_id
  • paged
  • pagename
  • post_parent
  • post_type
  • preview
  • second
  • static
  • subpost
  • subpost_id
  • tag
  • tag_id
  • tb
  • w
  • year
Private 
  • category__in
  • category__not_in
  • category__and
  • post__in
  • post__not_in
  • tag__in
  • tag__not_in
  • meta_key
  • meta_value


以下の一覧をご覧ください。

$public_query_vars = array('m', 'p', 'posts', 'w', 'cat', 'withcomments', 'withoutcomments', 's', 'search', 'exact', 'sentence', 'debug', 'calendar', 'page', 'paged', 'more', 'tb', 'pb', 'author', 'order', 'orderby', 'year', 'monthnum', 'day', 'hour', 'minute', 'second', 'name', 'category_name', 'tag', 'feed', 'author_name', 'static', 'pagename', 'page_id', 'error', 'comments_popup', 'attachment', 'attachment_id', 'subpost', 'subpost_id', 'preview', 'robots', 'taxonomy', 'term', 'cpage', 'post_type');

$private_query_vars = array('offset', 'posts_per_page', 'posts_per_archive_page', 'showposts', 'nopaging', 'post_type', 'post_status', 'category__in', 'category__not_in', 'category__and', 'tag__in', 'tag__not_in', 'tag__and', 'tag_slug__in', 'tag_slug__and', 'tag_id', 'post_mime_type', 'perm', 'comments_per_page');


CleanCode NZ: Post Data to WordPress Permalink 404 Not Found より

この一覧は完成していないので、追加したい場合はどうぞ。

このページ「WordPress Query Vars」はまだ書きかけで、情報が不足しています。続きを書いて WordPress を手助けしましょう.


このページはラフドラフトで、まだ内容の検証が済んでいません。情報が間違っていたり書き直されることがあります。
執筆中のため、執筆者の許可なく編集しないでください

最新英語版: WordPress Codex » WordPress_Query_Vars最新版との差分