• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

リモートホストへの WordPress のアップロード

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

(この記事は「FileZilla の使い方」の Part 2 です。)

Web ホストにファイルやフォルダーをアップロードする(または削除する)には FTP アプリケーションが必要です。さまざまなフリーの手段がありますが、一つの選択肢は FileZilla です。本記事内のスクリーンショットは Windows XP 上の FileZilla ですがここでの説明は GUI (グラフィカルユーザーインターフェース) を持つすべての FTP クライアントに共通です。まだ Web サーバーに接続していない場合は、以下の記事を読む前に「FileZilla の使い方」を参照してください。

ファイルのアップロード

サーバーがどのように構成されているかはホスティング会社によって異なります。以下に一般的なホストの例を2つ挙げます。


図1: ホストの例 その1 図2: ホストの例 その2


環境によっては画面の「mainwebsite_html」が「htdocs」や「public_html」かもしれません。

WordPress をインストールするにはサーバーの Web ページの Web 用ルートディレクトリをダブルクリックします。通常は「htdocs」「public_html」「mainwebsite_html」「www」「web」などです。その他のフォルダーは WordPress インストールにおいては重要ではありません。

ダブルクリックするとサーバーのルートフォルダー内のファイルとフォルダーが一覧で表示されるはずです。何個のファイルがあるかは Web サイトが何をどのくらい持っているかによります。

この記事の主眼は WordPress のアップロードですので、その線で進めていきましょう。

「リモートサイト」ウィンドウを右クリックします。

図3: サーバーウィンドウ


「ディレクトリを作成」をクリックし、ディレクトリ名を入力し、「OK」をクリックします。

注意: ここで入力したディレクトリ名が WordPress ブログでも表示されます。あとで変更することもできますが、ここで慎重に名前を検討し変更はできるだけ避けてください。たとえば Web サイトの URL が「http://example.com」で、ブログを「http://example.com/blog」に配置するには、作成するフォルダーに「blog」と名前を付けます。

この例では、ディレクトリ「blog」を作成しました。

図4: 新しく作成されたディレクトリ


作成したディレクトリ blog をダブルクリックして開きます。

図5: 新規の空のディレクトリ

まだ何もファイルはありませんが、ドット(..)の付いたフォルダーに注意してください。クリックすると一つ上の階層のフォルダーに戻ります。

WordPress のアップロード

WordPress のアップロードを始める前に、まず WordPress をダウンロードし、ローカルコンピュータで解凍してください。ダウンロードした .zip ファイルを unzip すると、フォルダー「wordpress」が作成されます。ローカルコンピュータでのこのフォルダーの場所をメモしてください。またインスール用にダウンロードしたファイルでの準備が必要です。「WordPress のインストール」を参照して、 wp-config-sample.php の編集など必要な手順を完了してください。

「ローカルサイト」の上部ウィンドウでダウンロードした zip ファイルを unzip した、ローカルコンピュータ内の WordPress フォルダーの場所に移動します。

図6: フォルダーの移動 - 「ローカルサイト」の上部ウィンドウ


wordpress」フォルダーをクリックして開きます。「ローカルサイト」ウィンドウの下の「ファイル一覧」ウィンドウに「wordpress」フォルダー内のコンテンツが表示されます。

図7: フォルダーの移動 - 「ローカルサイト」の下部ウィンドウ


「ローカルサイト」の下部ウィンドウで、キーボードの Shift キーを押したまま、下矢印キーを押し、すべてのファイルとフォルダーを選択します。

次に右クリックし、ポップアップメニューから「アップロード」をクリックします。選択したすべてのコンテンツが Web サイトにアップロードされていく様子が表示されます。

完了すると「ローカルサイト」ウィンドウにあるすべてのコンテンツは「リモートサイト」ウィンドウにもあるはずです。すなわちローカルコンピュータの「wordpress」フォルダーとサーバー上の「blog」フォルダーの中身は同一のはずです。

両方のウィンドウで「wp-admin」などのフォルダーをクリックし、同じファイル、フォルアーが含まれることを確認してください。

図8: 2つのフォルダー内のファイルは同一


本記事では FileZilla FTP クライアントを使用したサーバーへのファイルのアップロード、特に WordPress に関したファイルのアップグレードについて説明しました。

なお「ファイルパーミッションの変更」では、サーバー上での「ファイルパーミッションの変更、および隠しファイルの表示」について説明しています。

最新英語版: WordPress Codex » Uploading WordPress to a remote host最新版との差分