• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

テーマユニットテスト

提供: WordPress Codex 日本語版
Theme Unit Testから転送)
移動先: 案内検索

以下にあるテーマテストの方法は、テーマをテストするためにインポートできる WordPress エクスポート (WXR) ファイルに関するものです。これはテーマのテストのうちひとつのステップに過ぎません。詳しくはテーマテストのページをお読みください。

目次

設定

テスト環境の設定方法

  1. テストデータのダウンロード:
  2. 「ツール」->「インポート」->「WordPress」にアクセスし、テストデータをインポートします。
  3. ダウンロードした XML ファイルを選択します。
  4. 「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。
  5. 「添付ファイルのインポート」で「添付ファイルをダウンロードしてインストール」をオンにして「実行」をクリックします。
    注意: 投稿とメディアの完全なリストを取得し、「すべて完了しました。」と表示されるまでに、何度かインポート手順の繰り返しが必要な場合があります。
  6. Becoming a reviewer を読み、簡単な手順に従ってください。

有名なテーマユニットテスト環境用5分間インストールパッケージが必要な場合は、https://github.com/Evinceknow/Theme-Unit-Test-Environment-for-WordPress にアクセスしてください。WordPress のメインインストールパッケージとして設定してください。

I18N テストデータ

- 日本語テストデータ

WordPress の設定

インポートの前に WordPress の設定を以下のように変更してください。

  • 設定 -> 一般設定:サイトのタイトルとキャッチフレーズをある程度適当な長さに編集してください。少し長めの文章を設定することで、適用しているテーマが、タイトルやキャッチフレーズをどんな風に表示するかチェックすることができます。
  • 設定 -> 表示設定:「1ページに表示する最大投稿数」を5件に設定してください。こうすることで、トップページやアーカイブページでのページングを有効にすることができます。
  • 設定 -> ディスカッション設定:コメントを少なくとも3階層以上のスレッド (入れ子) 形式にしてください。こうすることで、適用しているテーマでコメント一覧がどのように表示されるかをチェックできます。
  • 設定 -> ディスカッション設定:コメントの複数ページヘの分割を有効にし、1ページ辺りのコメント数を5件に設定してください。こうすることで、コメント部分のページングがどのようにマークアップ/スタイリングされているかをチェックできます。
  • 設定 -> メディア設定:埋め込みメディア(画像の中サイズと大サイズ)の幅と高さの上限を空(0)に設定してください。こうすることで、適用しているテーマで、$content_width 機能が正しく動作しているかチェックすることができます。注意: 最新バージョンの WordPress では、設定が削除されたため無視してください (https://core.trac.wordpress.org/ticket/21719)。
  • 設定 -> パーマリンク設定:「デフォルト」以外を選択するようにしてください。(例えば「月と投稿名」など)こうすることで、テーマユニットテスト全体を円滑に進めることができます。

最低2つのカスタムメニューを作成してください。

  • 長いメニュー: すべてのページを含んだもの
  • 短いメニュー: 2、3ページのメニュー

テンプレート階層のインデックスページ

テンプレート階層の様々なインデックスページを表示し、以下の項目が正しく表示されることを確認してください。インデックスページには、デフォルトのインデックスページ (index.php)、(存在するなら) ブログ投稿インデックス (home.php)、日付別アーカイブ (archive.php)、カテゴリーアーカイブ (category.php)、タグアーカイブ (tag.php)、作成者別アーカイブ (author.php) があります。

  • 投稿が正しく表示され、視覚的な問題やエラーが生じない
  • 投稿が正しい順序で表示される
  • 表示件数が設定どおり表示されている (設定値は 設定 > 表示設定 > 1ページに表示する最大投稿数)
  • ページナビゲーションが表示され、正しく動作する
  • デバッガが PHP error、warning、notice を返さない
  • ブラウザが JavaScript エラーを報告しない

静的フロントページ

テーマがテンプレートファイル front-page.php または home.php を含む場合、「管理画面」->「設定」->「表示設定」にアクセスし、「フロントページの表示」で「固定ページ」を選択し、「フロントページ」に任意の固定ページ、「投稿ページ」に別の固定ページを指定します。

  • フロントページが設定どおりに正しく表示される
  • ブログ投稿インデックスページが正しく表示される
  • デバッガが PHP error、warning、notice を返さない
  • ブラウザが JavaScript エラーを報告しない

404 ページ

  • 404 ページが適切に表示される
  • 単純な「Error 404 - Page Not Found」メッセージだけなく、何らかのコンテンツが表示される。例えばより親切なテキスト、検索フォーム、投稿や固定ページのリストなど
  • デバッガが PHP error、warning、notice を返さない
  • ブラウザが JavaScript エラーを報告しない

検索結果ページ

  • 検索クエリの結果を含む「検索結果」のページが適切に表示される
  • デバッガが PHP error、warning、notice を返さない
  • ブラウザが JavaScript エラーを報告しない

ブログ投稿インデックスページ

ブログ投稿インデックスページを表示し、次の投稿を確認してください。テストデータ内の投稿タイトルは以下の節のタイトルと関連します。括弧内は英語版データのもの。

予約投稿 (Scheduled Post)

  • テーマに表示されてはいけません。ステータスは「公開」でなく「予約済み」。

下書き (Draft Post)

  • テーマに表示されてはいけません。ステータスは「公開」でなく「下書き」。

レイアウトテスト (Layout Test)

  • 「上部固定ページ」が適切に表示される
  • ページナビゲーションリンクが適切に表示され、正しく動作する

可読性テスト (Readability Test)

  • 「続きを読む」リンクが適切に表示される
  • 「続きを読む」リンクが適切に動作する。リンク先は投稿内の「More」タグの位置

投稿フォーマットテスト (すべて) (Post Format Tests (All))

  • テーマが投稿フォーマットタイプをサポートする場合、インデックス表示で投稿が適切に表示される

投稿フォーマットテスト: ギャラリー (Post Format Test: Gallery)

  • インデックス表示でギャラリーの画像が適切に表示される

投稿フォーマットテスト: 画像 (リンク付き)(Post Format Test: Image (Linked))

  • インデックス表示で画像が適切に表示される
  • 画像がコンテンツ領域からはみ出さない

投稿フォーマットテスト: 画像 (添付ファイル) (Post Format Test: Image (Attached))

  • インデックス表示で画像が適切に表示される
  • 画像がコンテンツ領域からはみ出さない

投稿フォーマットテスト: 動画 (Post Format Test: Video)

  • インデックス表示で動画が適切に表示される
  • 動画がコンテンツ領域からはみ出さない

コンテンツのない投稿 (This Post Has No Body)

  • コンテンツ本体がないことでレイアウトにインパクトを与えない

(タイトルなし) ((no title))

  • 投稿タイトルがないことでレイアウトにインパクトを与えない
  • 投稿パーマリンクが表示される。投稿日をパーマリンクにすることが最良の方法。例として Twenty Ten を参照

たくさんのカテゴリー / たくさんのタグ (Many Categories / Many Tags)

  • テーマは「タグ」、「カテゴリー」両方のタクソノミーを同様の手法で処理する
  • 大量のカテゴリーやタグがレイアウトにインパクトを与えない

パスワードで保護された投稿のテスト (Protected Test With Secret Password)

  • パスワードフォームが表示される
  • 投稿の内容は表示されない
  • コメントは表示されない
  • パスワードを入力後、投稿または概要が正しく表示される

単体の投稿

単体の投稿表示 (single.php) で、以下の投稿を確認してください。テストデータ内の投稿タイトルは以下の節のタイトルと関連します。括弧内は英語版データのもの。

レイアウトテスト (Layout Test)

  • ページナビゲーションリンクが適切に表示される
  • ページナビゲーションリンクが適切に動作する。正しいページにリンクされている
  • 投稿パーマリンクが「ページ 1」にリンクされている

ページ 2

  • 段落が正しくスタイリングされている
  • 段落の左寄せ、中央揃え、右寄せが適切に動作する

ページ 3

  • h1-h6 見出し要素に適切なスタイルが設定されている
  • h1-h6 要素に適切なスタイルが設定されている
  • blockquote, cite に適切なスタイルが設定されている
    • Blockquotes がインデントされているか段落テキストと異なるスタイルが設定されている
    • テーマで背景画像や引用記号が使われている場合、引用文が長い場合も短い場合も正しく表示されるか確認する
  • style を含む spanASCII 文字が正しく表示される
  • tabletrthtd に適切なスタイルが設定されている
  • dl (dtdd)、ulolli に適切なスタイルが設定されている
    • 入れ子リストのインデントが正しく行われている
  • 以下の HTML タグで、各要素が持つセマンテックな意味合いに応じたスタイルが適用されている: addressabigcitecodedeleminskbdpreqsstrongsubsupttvar
    • 注意: abbracronym には特にスタイルは不要。s にスタイルを適用してもよいが、HTML 4 では非推奨化のため特に対応しなくてもよい
  • divspan では適切なブロックまたはインライン表示を保ち、必要に応じてスタイルが設定されている

可読性テスト (Readability Test)

  • コンテンツが全般的に読みやすく表示されている
  • スタイルの追加により可読性を損なっていない。前景・背景のコントラスト、フォントファミリー、フォントサイズ、行間、段落間の間隔などに注意する

画像テスト (Images Test)

ページ 1

  • キャプションのない画像の位置揃えテスト
    • 画像が適切に配置される: 左、中央、右、なし
    • デザインの一部でない限り、画像に枠線は表示されない

ページ 2

  • キャプション付き画像の位置揃えテスト
    • 画像が適切に配置される: 左、中央、右、なし
    • 最初の画像のキャプションのスタイルを確認する
    • デザインの一部でない限り、画像に枠線は表示されない

ページ 3

  • その他の画像のテスト
    • リサイズされる大きな画像のテスト
      • 画像が適切に表示され、指定したとおりにリサイズされる
      • サイドバーがページの下部に押し出されない
    • リサイズされない大きな画像のテスト
      • 大きな画像が適切にオーバーフロー処理されている。例えば max-width CSS ルールや overflow CSS ルール
  • 画像のオーバーラップが発生してもサイドバーがカラム落ちしない
    • サムネイル
  • サムネイル画像が適切に表示される

ページ 4

  • 投稿コンテンツの最後、フロート要素 (アイキャッチ画像) でフロートがクリアされる

投稿フォーマットテスト (すべて) (Post Format Tests (All))

  • テーマが投稿フォーマットタイプをサポートする場合、単体の表示で投稿が適切に表示される

投稿フォーマットテスト: ギャラリー (Post Format Test: Gallery)

  • ギャラリーが適切に表示される。ギャラリー下のスペースも確認すること
  • ギャラリーのサムネイルが画像の投稿にリンクされている

投稿フォーマットテスト: 画像 (リンク付き)(Post Format Test: Image (Linked))

  • 単体の投稿表示で画像が適切に表示される
  • 画像がコンテンツ領域からはみ出さない

投稿フォーマットテスト: 画像 (添付ファイル) (Post Format Test: Image (Attached))

  • 単体の投稿表示で画像が適切に表示される
  • 画像がコンテンツ領域からはみ出さない

投稿フォーマットテスト: 動画 (Post Format Test: Video)

  • 埋め込まれた動画が機能する
  • 埋め込まれた動画でサイドバーがオーバーラップし、コンテンツの下に来ない
  • $content_width に定義された適切な値が設定される

投稿フォーマットテスト: 音声 (Post Format Test: Audio)

  • enclosure リンクが適切に動作する

タイトルの長い投稿 (Post With Long Title)

長い文字列を含む、タイトルの長い投稿。例: 「もしも大きな声で言えたなら、とっても賢く聞こえます、Supercalifragilisticexpialidocious!」

  • タイトルの行間をテスト
  • テーマのタイトルエリアが狭ければ、オーバーフローの問題がないかテスト

コンテンツのない投稿 (This Post Has No Body)

  • 投稿が適切に表示され、レイアウトにインパクトを与えない

(タイトルなし) ((no title))

  • 投稿が適切に表示される
  • 表示内容としては投稿の単独ビューへのリンクが推奨される。また投稿日をパーマリンクにすることが最良の方法。例として Twenty Ten 参照

たくさんのカテゴリー / たくさんのタグ (Many Categories / Many Tags)

  • テーマは「タグ」、「カテゴリー」両方のタクソノミーを同じ方法で処理する
  • カテゴリリンクが正しく動作する
  • カテゴリがデザインに変な影響を与えずに、適切に動作する
  • リンクが正確に動作する
  • タグがデザインに悪影響を与えず適切に動作する

パスワードで保護された投稿のテスト (Protected Test With Secret Password)

  • パスワード入力フォームが適切に表示される
  • 正しいパスワードを入力 (secret) 処理した際に投稿とコメントが表示される

コメントテスト (Comment Test)

  • コメントが正しく表示される
  • スレッドコメントが正しく表示される
  • コメントのページネーションが正しく表示される
  • 著者コメントに適切なスタイルがある
  • ユーザーのアバターが適切に表示される
  • コメントフォームがログイン、ログアウト両方で適切に表示される
  • 管理者としてログインすると、編集リンクが表示されて正しく動作する
  • コメント内の HTML が正しく表示される (特に list と blockquotes 要素)

コメントを無効にした投稿 (Comments Disabled)

  • コメントフォームが表示されない
  • "Comments are disabled" の注意書きが表示される

たくさんのトラックバック (Many Trackbacks)

  • すべてのトラックバックがオーバーラップすることなく適切に表示される

固定ページ

固定ページの表示 (page.php) で、以下のページを確認してください。テストデータ内の固定ページのタイトルは以下の節のタイトルと関連します。括弧内は英語版データのもの。

コメントを有効にした固定ページ (Page With Comments)

  • タグ、カテゴリ、投稿日時は表示しない
  • コメントリストとコメント返信フォームが表示される

コメントを無効にした固定ページ (Page With Comments Disabled)

  • コメントリストとコメント返信フォームが表示される
  • 「コメントは受け付けていません (Comments Disabled)」というメッセージが表示されない
  • ページコンテンツが少ない場合でも正しいレイアウトが適用される

親ページ / 子ページ 1 / 子ページ 2 (Parent Page / Child Page 1 / Child Page 2)

  • 階層内で親ページと子ページを表示する際に一工夫している

フロートのクリア

  • このページの最後のコンテンツはフロート画像のため、この後の要素は適切にクリアされている

その他のページ

search.php404.phpをテストします。

検索結果

  • 検索結果ページが適切に動作する
  • 検索クエリーが表示される

Not Found

  • 404 ページが存在し、有用な情報が含まれている

一般

メニュー

  • 大量のカテゴリー、大量のページ、複数レベルの深さを含むメニューをテストする
  • カスタムメニューが有効なテーマでは、カスタムメニューを有効化した場合と、無効化してフォールバックナビゲーションの場合の両方をテストする

ウィジェット

  • すべてのウィジェットが正しく表示される
  • デフォルトの各ウィジェットがすべてのウィジェットエリアで正しく動作する
  • テーマにカスタムウィジェットが含まれる場合、正しく動作する。カスタムウィジェットは「外観」->「ウィジェット」内の利用可能なウィジェットとして、テーマがプログラム的に追加する
  • 利用可能なすべてのウィジェットが、すべてのウィジェットエリアで正しく動作するかをテストする
  • ウィジェット領域にデフォルトで表示されるコンテンツ、たとえばサイドバーにハードコードされたコンテンツなどは、「外観」->「ウィジェット」でウィジェットを有効化すると消える

スクリーンショット

  • スクリーンショットに的確にテーマのデザインが反映されている
  • カスタマイズ済みのヘッダー色やアップロードされたロゴなど、デフォルトで現れないものは表示しない

アンカーテキストとクレジットリンク

テーマの作成者は、テーマ用の Web サイトへの直リンクのみを使用してください。テーマ用の Web サイトとは、テーマ専用のWeb サイトのページや、テーマに関する詳細な情報を伝える URL です。検索エンジンのためのアンカーテキストは認められません。

テーマテスト

このユニットテストはテーマテストの中の1ステップに過ぎません。完全なガイドについては「テーマテスト」を参照してください。

関連ページ

最新英語版: WordPress Codex » Theme Unit Test最新版との差分