• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

Rewrite API

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

説明

WordPress では、テーマやプラグイン開発者がプログラムを使って新しいカスタムリライトルールを指定できるようになっています。これを達成するため、以下の関数 (ほとんどが WP_Rewrite メソッドのエイリアス) が使えます。

これらのルールは通常 init フック内で呼び出されることにご注意ください。さらに、リライトの変更が有効化される前にパーマリンクを再度リフレッシュする必要があります (「設定 → パーマリンク設定」画面から行えます) 。有効化には flush_rules() を一度使う必要があります。

API リファレンス

記事

  • レッスン: Rewrite API 概要
  • クラス: WP_Rewrite() - WordPress のビルトイン URL リライトクラスに関する概要。

フック

  • フィルター: root_rewrite_rules /en - ブログのルート用に生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: post_rewrite_rules /en - パーマリンク URL 向けに生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: page_rewrite_rules /en - 固定ページ向けに生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: date_rewrite_rules /en - 日付ごとのアーカイブ URL 向けに生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: search_rewrite_rules /en - 検索 URL 向けに生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: comments_rewrite_rules /en - 最新コメントフィード URL 向けに生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: author_rewrite_rules /en - 投稿者アーカイブ URL 向けに生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: rewrite_rules_array /en - すべてのリライトルールを一度にフィルターする。
  • フィルター: {$permastruct}_rewrite_rules /en - タクソノミーやカスタム投稿タイプなどのカスタムパーマストラクト向けのリライトルールを作成・編集するために使える。
  • アクション: generate_rewrite_rules /en - すべてのルールが生成された後に実行される。

関数


最新英語版: WordPress Codex » Rewrite_API最新版との差分