• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/wp unique term slug

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

この項目「関数リファレンス/wp unique term slug」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

指定されたスラッグがユニークでない場合、ユニークにします。

注意: この関数は指定されたタームのスラッグを変更しません。

スラッグは同じタクソノミーの中でユニークでなければなりません。ただしタクソノミーが異なる場合はスラッグの重複が許されます。

この関数は次のようにしてスラッグをユニークにします。まず、タームが属するタクソノミーが階層を持ち、親タームを持つ場合、親タームのスラッグを追加します。それでもユニークにならない場合、数字をつけてユニークになるか確かめます(ユニークになるまで数字を大きくします)。

$term はタクソノミーを確認するためと、親タームのスラッグを追加(親を持つ場合のみ)するためだけに使用されます。

使い方

<?php wp_unique_term_slug( $slug, $term ); ?>

パラメータ

$slug
文字列) (必須) タームのスラッグ。
初期値: なし
$term
オブジェクト) (必須) タームのオブジェクト。
初期値: なし

戻り値

(文字列) 
ユニークなスラッグ。

用例

参考

  • 指定したスラッグを持つタームが存在しなければ $slug をそのまま返します。
  • バージョン 4.1 以降の WordPress データベース('db_version' >= 30133)である場合、$term が属するタクソノミーに $slug を持つタームが存在しなければ(他のタクソノミーに存在しても)$slug をそのまま返します。

変更履歴

2.3.0 : 新規導入

ソースファイル

wp_unique_term_slug()wp-includes/taxonomy.php にあります。

wp_insert_term

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp_unique_term_slug最新版との差分