• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

FeedBurner の使い方

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

この記事では「FeedBurner」を使用したフィード の活用と、FeedBurner の購読に切り替える方法を説明します。FeedBurner は詳細な統計情報や共有ボタンなどの表示オプションにより一部のユーザーに好まれています。

なお FeedBurner は Google が所持する外部のサービスです。WordPress プロジェクトとは関係ありません。


設定

すべてのフィードを自動的に FeedBurner にリダイレクトしましょう。この方法であれば古い購読者も新しい購読者も、RSS リーダー のようなアグリゲーターを含め FeedBurner からの取得を自動的に始められます。

もちろんユーザーに対してフィードが FeedBurner で利用可能なこと、たとえば http://feeds.feedburner.com/yourfeed を通知することもできますが、ユーザーは面倒くさがり屋です。

自動的なリダイレクトには、プラグインを使う方法、カスタム関数を使う方法、.htaccess ファイルを編集する方法の3つの選択肢があります。ほとんどのユーザーはプラグインによる簡便な方法が好みでしょうからそちらから始めます。

プラグイン

プラグインをインストールすることで FeedBurnerへのリダイレクトの手順を簡素化できます。プラグインの例をいくつか挙げます。


プラグインに関する恐らくは時代遅れの注意

注意: ルートフォルダー以外のフォルダーに WordPress をインストールしている場合、問題が生じる場合があります。回避策として「Thatedeguy's Hack」を参照してください。

パーマリンク構造に index.php が含まれる場合、ハック する必要があります。ただしこのハックは RSS フィードの一部のみを転送します。すべてのフィードを FeedBurner に転送するには別のハック を使用してください。


カスタム関数

プラグインよりも関数を希望する場合は次のコードを使用してください。feed_link アクションフックを使用し、デフォルトの WordPress フィード(rss、rss2、atom、rdf)のすべてのインスタンスを置き換えます。関数名は変更し、URL をあなたの FeedBurner URL で置き換えてください。

// デフォルトの投稿フィードを FeedBurner で置換する
function appthemes_custom_rss_feed( $output, $feed ) {
    if ( strpos( $output, 'comments' ) )
        return $output;

    return esc_url( 'http://feeds.feedburner.com/AppThemes/' );
}
add_action( 'feed_link', 'appthemes_custom_rss_feed', 10, 2 );

その他の使用例については以下の「リソース」のリンクを参照してください。


.htaccess の編集

WordPress のパーマリンク mod-rewrite オプションにより作成、変更される .htaccess が必要です。WordPress 管理画面で「設定」->「パーマリンク設定」を選択し、「カスタム構造」に「/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/」を追加して分かりやすい URL を有効にしてください。

ここで現在ブログのフィードが WordPressにより「http://example.com/wp-rss2.php」または「http://example.com/feed/rss2/)」で完全に管理されていて、このフィードの購読者を FeedBurner のフィード「http://feeds.feedburner.com/yourfeed」の購読者にしたいとします。

最初に .htaccess ファイルを変更する必要があります。以降の詳細については次のブログ記事を参照してください。Redirecting RSS to Feedburner

出典: サポートフォーラム


リソース


最新英語版: WordPress Codex » Using FeedBurner最新版との差分