• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

アーカイブインデックスページの作り方

提供: WordPress Codex 日本語版
Creating an Archive Indexから転送)
移動先: 案内検索

ページ名検討中: このページ名「アーカイブインデックスページの作り方」について改名が提案されています。ご意見をお寄せください。


はじめに

ブログの過去記事への入り口となる、アーカイブされた記事へのリンク集ページを作りたいとします。使用中のテーマにテンプレートファイルを作成し、このアーカイブへの入り口を作成できます。

ここでは WordPress のデフォルトテーマに含まれる archive.php テンプレートファイルの使い方も説明します (WordPress 2.9以前の Twenty Ten テーマにはアーカイブテンプレートは含まれません)。

アーカイブインデックステンプレートおよびページの作成

個別のアーカイブインデックスを作成するには、固定ページを作成し、専用のテンプレートを割り当てます。

テンプレート (archive.php)

テーマディレクトリに保存された単純なテンプレート archive.php から始めます。WordPress のデフォルトのテーマに含まれたテンプレートは良い出発点となります。

注: WordPress 3.0 以前のデフォルトのテーマにはビルトインのアーカイブテンプレートは含まれません。以下のようなコードが処理を行います(恐らく現在のテーマに合わせて HTML 構造を調整する必要があるでしょう):

<?php
/*
Template Name: Archives
*/
get_header(); ?>

<div id="container">
	<div id="content" role="main">

		<?php the_post(); ?>
		<h1 class="entry-title"><?php the_title(); ?></h1>
		
		<?php get_search_form(); ?>
		
		<h2>月別アーカイブ:</h2>
		<ul>
			<?php wp_get_archives('type=monthly'); ?>
		</ul>
		
		<h2>カテゴリー別アーカイブ:</h2>
		<ul>
			 <?php wp_list_categories(); ?>
		</ul>

	</div><!-- #content -->
</div><!-- #container -->

<?php get_sidebar(); ?>
<?php get_footer(); ?>

技術的にはテンプレートはどのような名前でも構いません (使用できない 名前については2 つのリストを参照してください。これらは WordPress が特定の目的のために予約した特別なファイル名です)。ただし、テンプレートに標準の名前を付けるとブログのテーマの変更や、WordPress コミュニティへのテーマやテンプレートの配布が容易になります。index.php や category.php などの多目的テンプレートと is_page 関数を使えば大きなアーカイブインデックスも表示できますが、テーマシステムのモジュール性の特長により、他のユーザー(そしてあなた自身!)の将来のテンプレートの編集が容易になります。

テンプレートの作成についての詳細情報は テンプレートタグ、特に wp_get_archives を参照してください。

アーカイプページ

テーマディレクトリ (wp-content/themes/(テーマ名)/) に archive.php を作成します。次に管理画面で 固定ページ > 新規追加 をクリックします。

  1. 新しいアーカイブページに適切なタイトル サイトのアーカイブ などを付けます。ページの内容は空白で構いません。

サイドバーで テンプレート ボックスを開き、アーカイブ テンプレートを選択します。保存すると、固定ページの一覧に新しいページが追加されます。ブラウザで開き、内容を確認してください。

アーカイブのカスタマイズ

年別のアーカイブ

年別アーカイブを表示するには wp_get_archives テンプレートタグを使用します:

<?php wp_get_archives('type=yearly'); ?>

関連

最新英語版: WordPress Codex » Creating_an_Archive_Index最新版との差分