• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/wp get theme

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

この項目「関数リファレンス/wp get theme」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

概要

テーマの WP_Theme オブジェクトを取得します。

使い方

<?php $theme = wp_get_theme( $stylesheet, $theme_root ); ?>

パラメータ

$stylesheet
文字列) (オプション) テーマのディレクトリ名。デフォルトは現在のテーマ。
初期値: Null
$theme_root
文字列) (オプション) テーマを探すルートディレクトリの絶対パス。省略すると get_raw_theme_root() の戻り値が使われる。
初期値: Null

戻り値

WP_Theme オブジェクト /en を返します。これには以下のプロパティが含まれます:

Name 
テーマの style.css で付けられたテーマ名 
ThemeURI 
テーマの Web ページの URI
Description 
テーマの概要
Author 
テーマ作者名
AuthorURI 
テーマ作者のウェブサイト
Version 
テーマのバージョン
Template 
(オプション — 子テーマで使用) 親テーマのフォルダ名
Status 
テーマが公開されている場合のステータス
Tags 
テーマを説明するために使用するタグ
TextDomain 
テーマを翻訳するときに使うテキストドメイン
DomainPath 
テーマ翻訳ファイルのパス

用例

現在の有効なテーマの名前を表示

<?php
echo wp_get_theme();
?>

インストールされたテーマ名を表示

<?php
$my_theme = wp_get_theme( 'twentyten' );
if ( $my_theme->exists() )
	echo $my_theme;
?>

現在のテーマのバージョンを表示

<?php
$my_theme = wp_get_theme();
echo $my_theme->get( 'Name' ) . " is version " . $my_theme->get( 'Version' );
?>

現在のテーマについて作者の Web サイト URI を表示

<?php
$my_theme = wp_get_theme();
echo $my_theme->get( 'AuthorURI' );
?>

他のデータの取得: テキストドメイン、テーマ URI

<?php
$my_theme = wp_get_theme();
echo $my_theme->get( 'TextDomain' );
echo $my_theme->get( 'ThemeURI' );
?>

変更履歴

新規導入: 3.4.0

ソースファイル

wp_get_theme()wp-includes/theme.php にあります。

wp_get_themes() /en


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp_get_theme最新版との差分