• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/wp delete term

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

説明

データベースからタームを削除します。

使い方

<?php wp_delete_term( $term_id, $taxonomy, $args )  ?>

パラメータ

$term_id
int) (必須) タームのID
初期値: なし
$taxonomy
string) (必須) オブジェクトにタームを関連するためのコンテキスト
初期値: なし
$args
array) (optional) タームフィールドの値を上書きする
初期値: なし

戻り値

bool | WP_Error 
タームが無い場合には falseを返し、trueの場合、完了するとアクションを削除します。

用例

デフォルト関数の引数を使用している、'category'タクソノミーから、ID 25のタームを削除する

<?php wp_delete_term( 25, 'category' )  ?>


タームが他のタームの親である場合には、その子はタームの親に更新されます。

1つのタームを見つけた場合には、$argsのデフォルトだけが見つけたタームを上書きます。発見した別の任意のタームが使用されます。

$args 'force_default' は、オブジェクトが期限のないことを行っていなかった場合、デフォルトが割り当てられるように、強制的にタームが共有されます。

更新履歴

新規導入: 2.3.0

ソースファイル

wp_delete_term()wp-includes/taxonomy.phpにあります。

関連

wp_insert_term, wp_update_term /en, wp_unique_term_slug /en


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp_delete_term最新版との差分