• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/the terms

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

ある投稿に付けられたタームを文字列として表示します。

使い方

<?php the_terms( $id, $taxonomy, $before, $sep, $after ); ?>

パラメータ

$id
整数) (必須) 投稿 ID
初期値: 0
$taxonomy
文字列) (必須) タクソノミーの名前。
初期値: 空の文字列
$before
文字列) (オプション) 先頭のタームの前に表示する文字列。
初期値: 空文字列
$sep
文字列) (オプション) ターム(およびリンク)を区切る文字列。
初期値: ', '
$after
文字列) (オプション) 最後のタームに続けて表示する文字列。
初期値: 空文字列

戻り値

(false) 
失敗すると false を返します。それ以外の場合、ユーザー定義の文字で区切ったカスタム分類のタームにリンクを付けて表示し、戻り値はありません。

現在の投稿のカテゴリーを表示

現在の投稿のカテゴリーをリスト表示します:

<?php the_terms( $post->ID, 'category', 'カテゴリー: ', ' / ' ); ?>

上記のコードの出力は例えば次のようになります: カテゴリー: テレビ / スピーカー / モニター

参考

  • get_the_term_list() を使ってタームのリストを取得します。
  • apply_filters() を使って、フィルター 'the_terms' を呼び出します。パラメータはタームのリスト、$taxonomy$before$sep そして $after です。

変更履歴

2.5.0 にて導入されました。

ソースファイル

the_terms()wp-includes/category-template.php にあります。

タームタグ: is_term(), term_exists(), get_objects_in_term(), get_term(), get_term_by(), get_term_children(), get_term_link(), get_terms(), get_the_terms(), get_the_term_list(), has_term(), sanitize_term(), the_terms(), get_object_taxonomies() is_object_in_taxonomy() the_taxonomies() wp_get_object_terms(), wp_set_object_terms(), wp_get_post_terms(), wp_set_post_terms(), wp_delete_object_term_relationships()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/the_terms最新版との差分