• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/get the content

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

投稿のコンテンツ(本文)を取得します。この関数はループ内で使用しなければなりません。

重要:the_content() と異なり、get_the_content() はフィルター 'the_content' を適用せずにコンテンツを返します。すなわち、get_the_content() は動画の自動埋め込みや、ショートコードの展開などを実行しません。

使い方

<?php get_the_content( $more_link_text, $stripteaser ) ?>

パラメータ

$more_link_text
文字列) (オプション<!--more--> 以降を読むためのリンクとして表示するテキスト。
初期値: null - '(さらに…)'
$stripteaser
真偽値) (オプション<!--more--> 以前の内容を隠すかどうか。
初期値: false
  • true - <!--more--> 以降のみを表示
  • false - 本文をすべて表示 - デフォルト

戻り値

(文字列) 

用例

投稿コンテンツを表示し、必要なら「続きを読む」で終わる

<?php
$content = get_the_content( '続きを読む' );
print $content;
?>

参考

下記の関数やグローバル変数を使用します:

コンテンツをフィルターするプラグイン(独自の処理を add_filter( 'the_content' ) で組み込む)を使っていても、この関数は次のように(apply_filters を用いて)自分で呼び出さないとフィルターを適用しない:

<?php apply_filters( 'the_content', get_the_content( $more_link_text, $stripteaser, $more_file ) ) ?>

変更履歴

0.71 : 新規導入

ソースファイル

get_the_content()wp-includes/post-template.php にあります。

the_content()

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/get_the_content最新版との差分