• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/get queried object

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

現在クエリされているオブジェクトを取得します。例えば:

  • 単一投稿ページを表示中なら、投稿オブジェクト。
  • 固定ページを表示中なら、固定ページのオブジェクト。
  • カテゴリーアーカイブを表示中なら、カテゴリーオブジェクト。
  • 投稿者アーカイブを表示中なら、投稿者オブジェクト。
  • 等々。

これは $wp_query->get_queried_object() のラッパー関数です。

使い方

<?php
$queried_object = get_queried_object();
var_dump( $queried_object );
?>

パラメータ

ありません。

戻り値

(オブジェクト) 

用例

情報募集中 クリエイティブな例を求めています。外部サイトへのリンクでも構いません。 該当部分を編集するか、このページのノートまたはフォーラム等で教えてください。


参考

  • WP_Query::get_queried_object (WP_Query クラスのメソッド)を使用します。
  • グローバル変数: (オブジェクト) $wp_query を使用します。

変更履歴

バージョン 3.1 にて導入されました。

ソースファイル

get_queried_object()/wp-includes/query.php にあります。

WP_Query


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get_queried_object最新版との差分