• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/get post status

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

指定した ID を持つ投稿の公開ステータスを取得します。添付ファイルの ID を指定した場合は、親投稿の公開ステータスを取得します。

使い方

<?php get_post_status( $ID ) ?>

パラメータ

$ID
整数|WP_Post) (オプション) 投稿 ID または投稿オブジェクト。未指定(空文字)の場合は現在の投稿が対象になります。
初期値: ''(空文字)

戻り値

(文字列|真偽値) 
指定した ID を持つ投稿がない場合は false を返します。

ステータスは次の何れかの値です:

  • 'publish' - 公開済
  • 'pending' - 承認待ち
  • 'draft' - 下書き
  • 'auto-draft' - 新規作成された投稿。まだコンテンツがない。
  • 'future' - 予約済(未来に投稿される)
  • 'private' - 非公開(ログインしていないユーザーから見えない)
  • 'inherit' - リビジョン。get_children() を見てください。
  • 'trash' - ゴミ箱にある投稿。バージョン 2.9 で追加された。

用例

基本的な例です:

<?php
	if ( get_post_status ( $ID ) == 'private' ) {
		echo '非公開';
	} else {
		echo '公開済';
	}
?>

参考

変更履歴

ソースファイル

get_post_status()wp-includes/post.php にあります。


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/get_post_status最新版との差分