• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/get post field

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

投稿の ID とフィールドを指定して、そのデータを取得します。

投稿のフィールドは例えば 'post_type', 'post_status', 'post_content' です。データベースの posts テーブルにある他のフィールドも指定できます。

フィールドの値は $context パラメータで指定したコンテキストに応じて無害化されます。

使い方

<?php get_post_field( $field, $post_id, $context ); ?>

パラメータ

$field
文字列) (必須) 投稿のフィールド名
初期値: なし
有効な値は次のとおりです:
  • 'post_content'
  • 'post_author'
  • 'post_title'
  • post_name (=slug)
  • 他に *_posts テーブルのフィールドを指定できます。
$post_id
整数) (必須) 投稿 ID
初期値: なし
$context
文字列) (オプション) 無害化(フィルター)の方法。
初期値: 'display'
有効な値は 'raw', 'edit', 'db', 'display', 'attribute', 'js' です。詳しくは sanitize_post_field() を見てください。

戻り値

(WP_Error|文字列) 
投稿フィールドの値。失敗した場合は WP_Error オブジェクト。

変更履歴

バージョン 2.3 から導入されました。

ソースファイル

get_post_field()wp-includes/post.php にあります。

注意

  • get_post_field() fetches the whole post using get_post(). So there is no performance advantage.
  • get_post() - 投稿 ID を指定して投稿のすべてのフィールドを取得する。

記事

コード・ドキュメンテーション

  • クラス: WP_Query - WP_Query クラスの詳細な全容
  • クラス: WP_Comment_Query - コメント関連のクエリのためのクラス
  • クラス: WP_User_Query - ユーザー関連のクエリのためのクラス
  • オブジェクト: $wpdb - $wpdb オブジェクトの使い方全容
  • 関数: set_query_var()
  • 関数: get_query_var()
  • 関数: query_posts() - 追加のカスタムクエリを作成
  • 関数: get_post() - 項目の ID を取得しデータベース内にあるその投稿のレコードを返す
  • 関数: get_posts() - 投稿の配列を返すことに特化した関数
  • 関数: get_pages() - ページの配列を返すことに特化した関数
  • 関数: have posts() - クエリが投稿を返すか否かを判断する条件関数
  • 関数: the_post() - クエリ後に自動的にループを設定する
  • 関数: rewind_posts() - 現状のループをリセットする
  • 関数: setup_postdata() - ループ内で個別の結果を得るためのクエリデータを設定する
  • 関数: wp_reset_postdata() - 直前のクエリを復元する (通常はループ内の別のループの後に用いられる)
  • 関数: wp_reset_query()
  • 関数: is_main_query() - 変更されるクエリがメインのクエリであることを確認する
  • アクションフック: pre_get_posts - WordPressクエリが実行される前に変更する
  • アクションフック: the_post - post クエリの後で post オブジェクトを変更する
  • フィルターフック: found_posts - WP_Query オブジェクトの found_posts 値を変更する


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get_post_field最新版との差分