• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/get currentuserinfo

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

この関数は 非推奨となりました。これは新しい関数に置き換えられた、またはサポート外になった、あるいは将来バージョンにて削除されるためです。この関数を用いる全てのコードは、置き換えとなる関数が存在する場合、書き換えられる必要があります。wp-includes/deprecated.phpもご参照ください。 これらの関数から適切なものを代わりに用いてください。

概要

現在ログインしているユーザに付帯する情報を取得し、それらをグローバル変数$userdataに格納します。 プロパティはデータベースのwp_usersテーブルに対応します(データベース概要を参照してください)。

また、それぞれのプロパティは次のグローバル変数にも格納されています:

  • $user_login
  • $user_level
  • $user_ID
  • $user_email
  • $user_url (ユーザーのプロフィールに入力したWebサイト)
  • $user_pass_md5 (ユーザーパスワードのmd5ハッシュ -- 復元することがほぼ不可能なエンコード形式ですが、入力されたパスワードが実際のユーザパスワードと同じものかを比較するときに役立ちます)
  • $display_name (ユーザー設定ページで「ブログ上の表示名」として指定されているユーザ名)

使用法

<?php get_currentuserinfo(); ?>

基本的な使い方

get_currentuserinfo()を呼び出すと、現在のユーザーの情報が$userdataに格納され、それぞれの値がメンバー変数として取得できるようになります。

<?php global $current_user;
      get_currentuserinfo();

      echo 'Username: ' . $current_user->user_login . "\n";
      echo 'User email: ' . $current_user->user_email . "\n";
      echo 'User level: ' . $current_user->user_level . "\n";
      echo 'User first name: ' . $current_user->user_firstname . "\n";
      echo 'User last name: ' . $current_user->user_lastname . "\n";
      echo 'User display name: ' . $current_user->display_name . "\n";
      echo 'User ID: ' . $current_user->ID . "\n";
?>
Username: Zedd

User email: my@email.com
User level: 10
User first name: John
User last name: Doe
User display name: John Doe

User ID: 1

個別のグローバル変数を使う

ユーザーデータのほとんどは個別のグローバル変数に格納されるので、直接アクセスすることができます。

<?php global $display_name , $user_email;
      get_currentuserinfo();

      echo $display_name . "'のメールアドレス: " . $user_email;
?>
Zeddのメールアドレス: fake@email.com


: 注意: $display_nameはWordPress 2.5以上で動かない? $user_loginは動く


<?php global $user_login , $user_email;
      get_currentuserinfo();

      echo($user_login . "のメールアドレス: " . $user_email;
?>

パラメータ

この関数はいかなるパラメータも受け付けません。

現在ログインしているユーザを判別するには、このようにします:

<?php global $user_ID;
      get_currentuserinfo();

      if ('' == $user_ID) {
         //誰もログインしていない
      }
?>

このようなやり方もあります:

<?php if ( $user_ID ) { ?>
    <!-- ログインしているユーザーが見るテキスト -->
<?php } else {   ?>
    <!-- ログインしていないユーザに表示されるテキスト -->

<p><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/wp-register.php">登録</a>するとお気に入りの投稿を保存して後から参照することができます。</p>

<?php } ?>


関連

カレントユーザー関数: get_current_user_id()/ en, get_currentuserinfo(), wp_get_current_user()/ en, wp_set_current_user(), current_user_can(), current_user_can_for_blog()/ en


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/get_currentuserinfo最新版との差分