• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/email exists

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

この関数は与えられたメールアドレス($email)がすでにユーザーとして登録されたものかどうかをチェックし、そのユーザー ID を返します(存在しなければ false)。詳しくは username_exists() /en を見てください。

ふつうこの関数はユーザーを登録するときに使われます。ユーザーが登録しようとしているメールアドレスが未登録であることを確認するためです。

使い方

<?php
  if ( email_exists( $email ) ) {
    /* メールアドレスがあったときの処理 */
  }
?>

パラメータ

$email
文字列) (必須) チェックしたいメールアドレス
初期値: なし

戻り値

  • メールアドレスが存在する場合、そのメールアドレスにひも付いたユーザーの ID を返します。
  • メールアドレスが存在しない場合、false を返します。

用例

メールアドレスが存在した場合、メールアドレスがひも付けられたユーザーの ID を表示します。そうでなければ存在しないことを知らせます。

<?php
  $email = 'myemail@example.com';
  $exists = email_exists($email);
  if ( $exists )
    echo "そのメールアドレスは次のユーザー ID に使われています:" . $exists;
  else
    echo "そのメールアドレスはこのサイトに登録されているユーザーのものではありません。";
?>

参考

更新履歴

新規導入: 2.1.0

ソースファイル

email_exists() は wp-includes/user.php にあります。

条件分岐タグis_404(), is_admin(), is_admin_bar_showing(), is_archive(), is_attachment(), is_author(), is_category(), is_comments_popup(), is_date(), is_day(), is_feed(), is_front_page(), is_home(), is_local_attachment(), is_main_query, /is_multi_author, is_month(), is_new_day(), is_page(), is_page_template(), is_paged(), is_plugin_active(), is_plugin_active_for_network() /en, is_plugin_inactive() /en, is_plugin_page() /en, is_post_type_archive(), is_preview() /en, is_search(), is_single(), is_singular(), is_sticky(), is_tag(), is_tax(), is_taxonomy_hierarchical(), is_time(), is_trackback(), is_year(), in_category(), in_the_loop(), is_active_sidebar(), is_active_widget(), is_blog_installed() /en, is_rtl(), is_dynamic_sidebar(), is_user_logged_in(), has_excerpt(), has_post_thumbnail(), has_tag(), pings_open(), email_exists(), post_type_exists(), taxonomy_exists(), term_exists(), username_exists() /en, wp_attachment_is_image(), wp_script_is()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/email_exists最新版との差分