• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/add permastruct

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

このページ「関数リファレンス/add permastruct」は未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています


説明

add_permastruct() は、WordPressのための追加のパーマリンク構造を指定することができます。ほとんど全ての場合、add_rewrite_tag()add_rewrite_rule() と一緒に用いられます。

使い方

add_permastruct($name, $struct, $args);

パラメータ

$name
string) (必須) パーマリンク構造の名前
初期値: なし
$struct
string) (必須) パーマリンク構造
初期値: なし
$args
array) (optional) パーマリンク構造から、リライトルールを生成するときのオプション設定。詳細は WP_Rewrite::add_permastruct() っを参照して下さい。
初期値: array

設定可能な値

with_front
(boolean) WP_Rewrite::$front をパーマリンク構造の前に配置するべきか。デフォルトはtrue.
ep_mask
(integer) Endpoint mask defining what endpoints are added to the structure. Default is EP_NONE.
paged
(boolean) ページネーションためのリライトルールを追加するかどうか。 Default is true.
feed
(boolean) フィードのリライトルールを追加するかどうか。 Default is true.
forcomments
(boolean) コメントフィードのクエリのためのルールかどうか。 Default is false.
walk_dirs
(boolean) Should the 'directories' making up the structure be walked over and rewrite rules built for each in turn? Default is true.
endpoints 
(boolean) エンドポイントは、生成されたリライトルールに適用されるべきか。 Default is true.

ソースファイル

add_permastruct()wp-includes/rewrite.phpにあります。

関連

記事

フック

  • フィルター: root_rewrite_rules /en - ブログのルート用に生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: post_rewrite_rules /en - パーマリンク URL 向けに生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: page_rewrite_rules /en - 固定ページ向けに生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: date_rewrite_rules /en - 日付ごとのアーカイブ URL 向けに生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: search_rewrite_rules /en - 検索 URL 向けに生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: comments_rewrite_rules /en - 最新コメントフィード URL 向けに生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: author_rewrite_rules /en - 投稿者アーカイブ URL 向けに生成されたリライトルールをフィルターする。
  • フィルター: rewrite_rules_array /en - すべてのリライトルールを一度にフィルターする。
  • フィルター: {$permastruct}_rewrite_rules /en - タクソノミーやカスタム投稿タイプなどのカスタムパーマストラクト向けのリライトルールを作成・編集するために使える。
  • アクション: generate_rewrite_rules /en - すべてのルールが生成された後に実行される。

関数



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/add_permastruct最新版との差分