• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

ネットワーク作成の前に

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

このページ「ネットワーク作成の前に」は未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

This section outlines some requirements to consider before you begin creating a multisite network.

本当にネットワークは必要ですか?

複数サイト・ネットワークの各サイトは、WordPress.com内の個々のブログのように独立しています。(プラグインが各種のサイト間の連係を生み出すことができるとしても、)他の各種のネットワークのような"相互連係"したものではありません。もし相互に強く連係した複数サイトで、データを共有する、あるいはユーザを共有する、ものを作ることを考えているのであれば、複数サイト・ネットワークは必ずしも最良の解決策ではないかもしれません。

一例として、もしWebページの集合をそれぞれ全く異なって見せることがやりたいことの全ての場合には、おそらく単独サイトで、テーマ、テンプレート、またはスタイルシートを切り替えるプラグインを利用すれば、その目的を達成することができるでしょう。

また別の例として、もし色々なユーザ・グループが異なった情報にアクセスすることがやりたいことの全ての場合には、おそらく単独サイトで、機能やメニュー、リンク先のURLを切替えるプラグインを利用すれば、その目的を達成することができるでしょう。

このガイドは、現在インストール済みのあなたのワードプレスにどのような手順でWordPressマルチサイトをインストールするかを説明します。また、すぐに運用のできるBitNamiのパッケージready-to-run packagesを利用することもできます。

マルチサイト・ネットワークの種類

どのようにネットワークのURLを取扱うか、またエンド・ユーザにオン・デマンドで新しいサイトを追加することを許すかどうかにより、いくつかの異なるマルチサイト・ネットワークの種類から選択することができます。

下の段落に説明されていますが、種類毎にサーバーの要件は異なります。サーバの完全な制御ができない場合、いくつかの種類のマルチサイト・ネットワークは利用できないかもしれません。例えば、共用ホスティング環境では、サーバの完全な制御ができないかもしれません。このような場合、ホスティング環境の運用担当者と要件について、交渉が必要になるでしょう。

ネットワーク内の各サイトは、異なるURLを持ちます。URLがサイトを特定する二つの方法から一つを選ぶことができます:

  • それぞれのサイトが異なるdomainを持ちます。例えば: example1.com, example2.com, site1.example.com, site2.example.com.
  • それぞれのサイトが異なるpathを持ちます。 例えば: example.com/site1, example.com/site2

Properties of a site in a network. The site's URL is http://example3.com/

また、エンド・ユーザがオン・デマンドで新しいサイトを作成することを許すかどうか選ぶことができます。ドメイン型の場合、オン・デマンドで作成されるサイトは通常site1.example.com and site2.example.comのようなサブドメインを利用したものだけが可能です。また、オン・デマンドでパス型のサイトを作ることも可能です。

マルチサイトのインストレーション過程は、それぞれ通常とは異なる用語を用います。サブ・ドメイン・インストールは、サブ・ドメインと言う用語を使っていますが、サブドメインではなく別々のドメインを用いるとしても、ドメイン型ネットワークを作成します。また、サブ・ディレクトリ・インストールは、ディレクトリと言う用語を使っていますが、実際にはファイル・システムのディレクトリを利用しなくとも、パス型ネットワークを作成します。なお、もしサブ・ドメイン・インストールを使う場合、予めWordPressをwebpathのルート(通常public_html)にインストールしなければなりません。

マルチサイト・ネットワークのインストールが完了すると、WordPressは、ネットワーク管理者のUI(ユーザ・インターフェース)内で、ドメインとパスと言う用語を各サイトのドメインとパスを表すために用います。スーパー管理者(すなわち、マルチサイト・ネットワークの管理者)は、URLを変更することになるので一度確立したサイトには通常は行いませんが、ドメインとパスの設定を変更することもできます。

各種のプラグインは追加機能の選択肢を増やし管理を容易にします。例えば、「WordPress MU Domain Mapping」プラグインを個々のサイトを独立したドメインにマッピングする(結びつける)ために使うことができます。また、「Networks for WordPress」プラグインを同じWordPressのインストレーションで複数のネットワークの設定をするために使うことができます。

管理者の要件

マルチサイト・ネットワークを作るためには、WordPressの管理者でなければならず、また、通常ファイルを編集したりディレクトリを作成したりできるようにサーバのファイル・システムへのアクセスが必要です。例えば、サーバのファイル・システムにFTPや、cPanelのファイル・マネージャー、あるいはその他の方法で、アクセスできるかでしょう。

WordPress自体の開発の知識やPHPPHPHTMLCSS、サーバ管理、またはシステム管理の知識は、インストール後のトラブルシューティングやカスタマイズの役には立ちますが、特に必要不可欠なものではありません。

サーバの要件

ネットワークを計画しているのならば、初期テスト用に別途開発サーバを用いることは、時には役に立つことがあります。しかし、実際の製作サーバと厳密に合致する開発サーバをセットアップすることはいつも可能とは限りませんし、ネットワークをまるごと製作サーバに移行することは容易でないかもしれません。製作サーバにテスト用サイトを置くことが、計画したネットワークをテストするには、より有益なことがあります。

サーバの要件のいくつかは、作成したマルチサイト・ネットワークの種類に依存し、次のようになります。

ドメイン型

'サブドメイン'インストールしても知られ、ドメイン型ネットワークはhttp://subsite.example.comのようなURLを用います。

ドメイン型ネットワークでは、WordPressがインストールされたサーバのファイル・システムの同じディレクトリに異なるドメイン名をマップしなければなりません。これは、次の例のように、色々なやり方でできます。

  • ワイルドカード・サブドメインの設定による
  • 仮想のホストを設定し、同じ(補注:=web用の)ドキュメントルートをそれぞれのホストに指定することによる
  • cPanelや同様のWebホスティング用のコントロール・パネルで、追加のドメインやサブドメインを作成することによる

オン・デマンドによるドメイン型のサイトの場合は、ワイルドカード・サブドメインの方法を必要とします。他の方法により、手動により追懐のサイトを生成することができます。

どの方法であろうと、ドメイン名をサーバのIPアドレスにマッピングするDNS設定が必要となり、またドメイン名をWordPressのインストールされたディレクトリにマップするサーバ設定が必要になります。(WordPressは、そしてドメイン名をサイトにマップします。)

サブドメインが正しく機能するために、WordPressは必ずweb用のフォルダのルート(すなわちpublic_html)にインストールされなければなりません。ルートでなくサブ・ディレクトリでは、機能しません。

外部リンク:

色々なシステムで、どのようにワイルドカード・サブドメインを設定するかの事例は、 Configuring Wildcard Subdomainsを参照してください。

Path-based

Also known as 'Subfolder' installs, a path-based network uses URLs like http://example.com/subsite

If you are using pretty permalinks in your site already, then a path-based network will work as well, and you do not need any of the other information in this section.

For a path-based network you normally require mod_rewrite to be loaded on the Apache server, support for it in .htaccess files, and Options FollowSymLinks either already enabled or at least not permanently disabled. If you have access to the server configuration, then you could use a Directory section instead of a .htaccess file.

The requirement is the same for on-demand path-based sites.

Example: Configuring mod_rewrite in an Apache server on Ubuntu Linux.

To check if mod_rewrite is running, create 'nano /var/www/test.php' and inside that file put '<?php phpinfo(); ?>' then go to your web browser and try loading test.php and search for mod_rewrite in the loaded apache modules.
If not loaded, then use command from cli 'sudo a2enmod rewrite'; 'sudo nano /etc/apache2/sites-enabled/000-default' changing the Allow None to Allow All under the /var/www sections (2 places) and 'sudo /etc/init.d/apache2 restart' Otherwise you won't get sub sites to show up. The above is under Ubuntu server 10.04 with LAMP, other distros will likely be similar (Centos 6.0 also does not have set under default). Ubuntu 12.04 LAMP needs "Allow from All" rather than the older "Allow All" noted above.

WordPress Settings Requirements

When you install a multisite network you start from an existing WordPress installation. If it is a fresh install with its own domain name, then you do not need to read this section. If it is an established site, or not reachable using just a domain name, then the following requirements apply to allow it to be converted to a multisite network.

Giving WordPress its own directory will not work in WordPress 3.0 with multisite enabled. If you wish to install WordPress in a folder AND have that folder name it will work. Domain mapping, however, will not work.

If you have www in the settings for your domain url, and plan to use subdomains for multisite, make sure that both the site address and the WordPress address are the same. If you plan on changing them to domain.com or www.domain.com, do so before you begin the rest of the setup for MultiSite, as changing the domain name after the fact is more complicated.

You cannot create a network in the following cases:

  • "WordPress address (URL)" is different from "Site address (URL)".
  • "WordPress address (URL)" uses a port number other than ':80', ':443'.

You cannot choose Sub-domain Install (for a domain-based network) in the following cases:

  • The WordPress URL contains a path, not just a domain. (That is, WordPress is not installed in a document root, or you are not using the URL of that document root.)
  • "WordPress address (URL)" is localhost.
  • "WordPress address (URL)" is IP address such as 127.0.0.1.

(Note that you can create a domain-based network on your local machine for testing purposes by using your hosts file to map some other hostnames to the IP address 127.0.0.1, so that you never have to use the hostname localhost.)

You cannot choose Sub-directory Install (for a path-based network) if your existing WordPress installation has been set up for more than a month, due to issues with existing permalinks. (This problem will be fixed in a future version. See Switching network types for more information.)

(See wp-admin/network.php for more detail)

最新英語版: WordPress Codex » Create A Network114461 最新版との差分