• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

テーママークアップ

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

テーママークアップ(以前はセマンティックマークアップと呼んでいた) は Version 3.6 から導入された、テーマ機能の1つです。この機能によって、テーマの検索やコメントのフォーム、コメントのリスト、ギャラリーやキャプションに HTML5 のマークアップを適用させることを明確に選択することが可能となりました。

Version 3.6 以降、テーマは functions.php の中で add_theme_support() を使うことになりました。以下が例です:

add_theme_support( 'html5', array( 'gallery' ) );

2つ目の引数には1つ以上の対応する HTML5 機能を使います。'search-form'、'comment-form'、'comment-list' への対応は 3.6 で、'gallery'、'caption' は 3.9 で追加されました。

$args = array(
	'search-form',
	'comment-form',
	'comment-list',
	'gallery',
	'caption'
);
add_theme_support( 'html5', $args );

2つ目の引数は前方互換性のために必須です。つまり、新しいバージョンの WordPress でもHTML5 機能に対応していない旧テーマが動作しないのを防ぐためです。

更新履歴

  • 3.6: 'search-form'、 'comment-form' 、 'comment-list' サポートの導入
  • 3.9: 'gallery' と 'caption' サポートの追加

  • Galleries & Captions: As of version 3.9 WordPress uses <figure> and <figcaption> elements, instead of the generic definition list markup to output galleries.

詳細はこちらMake WordPress Core article

リソース

テーマサポート: add_theme_support(), remove_theme_support(), current_theme_supports()
テーマ機能: サイドバー, ナビゲーションメニュー, 投稿フォーマット, 投稿サムネイル, カスタム背景, カスタムヘッダー, 自動フィードリンク, html5, コンテンツ幅, editor-style



最新英語版: WordPress Codex » Semantic Markup最新版との差分