• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

テンプレートタグ/the weekday date

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

このテンプレートタグは非推奨となりました。後継となる新しいテンプレートタグが作られたか、動作対象外となり、WordPress の将来のバージョンで削除される見込みです。 このタグを使っていた場合は、後継のテンプレートタグがあれば切り替えてください。

: 原文では非推奨となっていますが、ソースコードでは deprecated.php ではなく general-template.php に入っています。要確認。

前の記事と違う曜日のときだけ、表示している記事の曜日を表示します (例: 金曜日)。このタグはループ内で使用しなければなりません。

使い方

<?php the_weekday_date('before', 'after') ?>

用例

<p>Posts from <?php the_weekday_date('<strong>', '</strong>') ?>:</p>

パラメータ

before 
(文字列) 曜日の前にテキストを表示します。デフォルトはありません
after 
(文字列) 曜日の後にテキストを表示します。デフォルトはありません

後継について

後継のタグはありません。置き換えるには、the_date() をトリガーとして 、the_time() の日付フォーマットを 'l' (小文字の L) にして使用します。次がその PHP コードの例です。

<?php if(the_date('','','', FALSE)) the_time('l'); ?>

日付と時刻のフォーマットに関する情報は Formatting Date and Time をお読みください。


日時に関連するタグ: get_calendar(), get_day_link(), get_month_link(), get_the_date(), get_the_time(), get_year_link(), single_month_title(), the_date(), the_date_xml(), the_modified_date(), get_the_modified_date(), the_modified_time(), get_the_modified_time(), the_time()


テンプレートタグへの PHP 関数型パラメータの渡し方関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/the_weekday_date最新版との差分