• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

コメントの承認

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

コメントモデレーションは、WordPress の機能の 1 つで、サイトオーナーの承認無しにコメントが表示されるのを防ぎます。コメントモデレーションはコメントスパムへの対処として非常に有効ですが、より一般性の高い応用もあります。コメントスパムについてもっと知るには、コメントスパム対策を参照してください。

コメント承認の仕組み

WordPress は、新しいコメントにいくつかのテストを実行してからブログに表示します。これらのテストをパスしなかったコメントは、すぐにサイト上には表示されず、承認待ち とされます。そしてブログ管理者の手で承認または削除されます。

コメント承認の管理

設定ディスカッション の順にクリックし、ディスカッション設定 ページからコメント管理をすることができます。

すべてのコメントを承認待ちにしたい場合は、コメント表示条件管理者の承認を常に必要とする オプションにチェックを入れます。

怪しいコメントを自動的に承認待ちにする一方、真っ当なコメントを通過させたい場合は、どのようなコメントが怪しいかを判定するルールを指定する必要があります。ルールは 設定ディスカッション > コメント承認 で指定します。

最初のオプションは、多くのハイパーリンクを含むコメントを承認待ちとすることです。通常のコメントはせいぜい 1 つか 2 つのリンクを含みますが、スパムコメントはしばしば多数のリンクを含みます。自分がもらったコメントを調べて(承認待ちと判断するリンク数を)読者にとって意味のある数値に設定してください。(参考: バージョン 1.5.2 とおそらく他のバージョンでは、コメントの承認リンク数に数値を入れない(空白のままにしておく)と、すべての匿名コメントが承認待ちとなります。ディスカッションオプションで制限設定していなくてもです。)

第二のオプションは、承認待ちキーワード を指定して、コメントにキーワードのいずれかが含まれる場合、承認待ちとするものです。キーワードは大きなテキストエリア(コメントモデレーション の右下にあります)に、一行に一つずつ改行で区切って指定します。デフォルトでは空欄となっています。承認待ちキーワードには、スパムワード、下品な言葉、IP アドレス正規表現等を入れることができます。


コメントブラックリスト ボックスは、コメント承認待ちボックスとほぼ同じように使いますが、キーワードにマッチしたコメントを すぐに削除し、管理者に通知しない という点が異なります。そのため、本当のコメントが通知されることなく削除されてしまわないよう、充分注意してください!

ブラックリストにしない理由

コメントスパムに対して、「ブラックリスト」手法を用いるブログプログラムがあります。この場合、ブラックリストに掲載されている単語またはドメインを含むコメントは拒否されます。

WordPress はなぜこの方法を用いないのでしょうか? コメントスパムに対処するとき、私たちは、害しない ことをまず保証します。

ブログはコミュニケーションのためであり、コミュニケーションを阻害するものはメディア(ブログ)にとって有害です。私たちは、コメント承認待ちキーワード(ブラックリストの一種)にマッチするコメントを拒否するのではなく、承認待ちにします。このやり方なら、もし正規のコメントが誤ってフィルタリングされた場合でも、ブログ著者が確認して返答することができます。

もちろん、あなたのサイトが承認待ちのコメントで溢れかえるかもしれません。このような場合に備えて、多くのコメントをできるだけ素早く処理する仕組みを用意しました。これに関してさらなる情報と資料は、コメントスパム対策を参照してください。

最新英語版: WordPress Codex » Comment Moderation最新版との差分