• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

クラスリファレンス/WP Theme

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

この項目「クラスリファレンス/WP Theme」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

WP_Theme の役割

WP_Theme は wp-includes/class-wp-theme.php にて定義されているクラスで、開発者がテーマを扱うインターフェイスを提供します。

メソッドとプロパティ

これは WP_Theme の正式なドキュメントです。

注意: プロパティを直接書き換えず、代わりにメソッドを使ってプロパティを扱ってください。

プロパティ

Name 
WordPress テーマ オブジェクト
ThemeURI 
テーマの web ページの URI
Description 
テーマの説明
Author 
テーマの作者
AuthorURI 
テーマ作者の web サイト
Version 
テーマのバージョン
Template 
(オプション — 子テーマで使用) 親テーマのフォルダ名
Status 
テーマが公開されているか
Tags 
テーマを説明するタグ
TextDomain 
翻訳のためにテーマ内で使われるテキストドメイン
DomainPath 
テーマの翻訳ファイルのパス

メソッド

errors() 
エラー情報を持つ WP_Error オブジェクトを返します。エラー情報がないとき false を返します。
exists() 
テーマが存在するとき true を返します。
parent() 
親テーマの WP_Theme オブジェクトを返します。親テーマがないとき false を返します。
cache_delete() 
テーマのキャッシュを消去します。

ヘッダー用メソッド

get( $header ) 
整形する前のテーマヘッダーを無害化して返します。テンプレートを探すには 'Template' ヘッダーではなく get_template() メソッドを使ってください。成功すると文字列、失敗すると false を返します。
display ( $header, $markup, $translate ) 
テーマヘッダーを取得し整形することにより、表示用に変換します。

パスと URL 用のメソッド

get_stylesheet() 
テーマのルートにある "stylesheet" ファイルのディレクトリ名を文字列として返します。子テーマのときは子テーマのディレクトリです。
get_template() 
テーマの "template" ファイルのディレクトリ名を文字列として返します。子テーマのときは親テーマのディレクトリです。
get_stylesheet_directory() 
テーマのスタイルシートファイルの絶対パスを文字列として返します。子テーマのときは子テーマのファイルのパスです。
get_template_directory() 
テーマのテンプレートファイルの絶対パスを文字列として返します。子テーマのときは親テーマのファイルのパスです。
get_stylesheet_directory_uri() 
テーマのスタイルシートファイルの URL を文字列として返します。子テーマのときは子テーマのファイルの URL です。
get_template_directory_uri() 
テーマのテンプレートファイルの URL を文字列として返します。子テーマのときは親テーマのファイルの URL です。
get_theme_root() 
テーマルート(すべてのテーマが入る)のディレクトリのパスを文字列として返します。普通は wp-content/themes フォルダの絶対パスです。
get_theme_root_uri() 
テーマルートのディレクトリの URL を文字列として返します。普通は wp-content/themes フォルダの URL です。

ファイルとイメージ

get_screenshot( $uri ) 
テーマのスクリーンショット画像の URL を返します。パラメータ $uri は返す URL の種類を指定します。'relative' を渡すと相対 URL、他なら絶対 URL です。
get_files( $type, $depth, $search_parent ) 
テーマのディレクトリにあるファイルの配列を返します。
get_page_templates() 
ページテンプレートの連想配列を返します。キーがファイル名で、値が変換後のヘッダー名です。

権限用のメソッド

is_allowed() 
テーマがネットワークで許可されているかを示す真偽値。シングルサイトのとき常に true を返します。
get_allowed( $blog_id ) 
サイトまたはネットワークで許可されているテーマ名の配列。$blog_id のデフォルトは現在のブログです。このメソッドは内部で get_allowed_on_network()get_allowed_on_site( $blog_id ) の両方を呼び出します。
get_allowed_on_network () 
ネットワークで許可されているテーマ名の配列を返します。
get_allowed_on_site( $blog_id ) 
サイトで許可されているテーマ名の配列を返します。

並べ替え

sort_by_name( $themes ) 
テーマを名前でソートします。

用例

カスタムページテンプレートを取得

次の小さなコードは現在有効なテーマの使用可能なカスタムページテンプレートの全部を、1行にひとつ表示します。行の前半がテンプレート名、後半がファイル名(テーマのサブディレクトリにあるカスタムページはフォルダ名とファイル名)です。

 <?php 
    $templates = wp_get_theme()->get_page_templates();
    foreach ( $templates as $template_name => $template_filename ) {
        echo "$template_name ($template_filename)<br />";
    }
 ?>
<?php print_r( wp_get_theme()->get_page_templates() ); ?>

// 出力はこのようになるでしょう:
Array
(
    [My Custom Page Template] => my-custom-page.php
    [A Second Custom Page] => my-page-templates/my-second-page.php
)

変更履歴

新規導入 : 3.4.0

ソースファイル

WP_Themewp-includes/class-wp-theme.php にあります。

関連項目

クラスリファレンス関数リファレンスの各インデックスも参照してください。

最新英語版: Reference / Classes / WP_Theme

最新英語版: WordPress Codex » Class Reference/WP Theme最新版との差分